2017/02/24

Pumping Iron

筋トレ久しぶりに定期的にやり出したら、やっぱり面白いです。

毎回トレーニグ前後にいわゆるPDCAを回しつつやっていく訳ですが、これが面白い。

私の場合は割と週単位で計画します。それ以上の期間は予定狂うことも多いので。。。
要は曜日ごとに何をするかをざっくり決めておいて、仕事帰りにジムに行く道中で
その日のメニューを最終的に決める、という感じです。

トレーニング直後のパンプ感と翌日の筋肉痛や疲労感を頼りに、トレーニングの充実度を測ります。
きつければ減らすし、緩ければ増やすという、単純ですが奥が深い感じがたまらなく面白いと感じます。


週末はサイクリングチームでの練習やレース、家族サービスがあるので、基本ジムは平日行く場所にしてます。
今行ってるジムはなぜか金曜日休み。
なので月火水木の4日間です。

そもそもはスイムが目的で入会したので、週2回は泳ぎたい。
筋トレも部位別にスプリットしてしまえば4日間連続のトレは可能ですが、
今は個別の筋力よりは全身のコーディネーションと持久力を補いたい。

てことで、月曜と水曜にウェイトで筋トレ。
火曜と木曜にスイムを基本にします。

月曜にウェイトをするのは、週初めだからです。
週の疲労が溜まる前に強度の高い運動をしたいという考え。
てことで、月曜はスクワットを第1種目に据えます。

このスクワット、最も高重量を扱えるので、最もキツイ種目です。
私が最も好きな種目でもあります。
人間の筋肉の3分の2は下半身だと言います。
下半身の主要な筋肉を使い切る、多関節種目。
こんなに身体にいいものは他にありません。
スクワットには若かりし頃の数々の思い出があり、語り出すと止まらない種目でもあります。

今はその後全身を部位別に鍛えるようにしています。
スクワット終わると実質廃人なのですが、そこからの全身持久力向上を期待しています。

ちなみにスクワットと言えばこれ、Pumpin Iron。
元カリフォルニア知事が知事どころかまだ未来からの殺し屋になるよりもずっと前、
ボディビルダーとして現役でブイブイいわしてた頃のドキュメンタリー映画です。
この映画、当時の記録映像としても、トレーニング映像としても見応え充分。
中でもEd Corneyという人のスクワットがとても鬼気迫るいい追い込みをしています。

立てなくなるまで追い込めるなんて、幸せな環境。
今の平和なスポーツジムで同じことやったら、多分救急車呼ばれるか追い出される気がします。

水曜日の第1種目はデッドリフト。
スクワット、ベンチプレスと並んで、いわゆるビッグ3と呼ばれる種目のうち背中を鍛える種目ですね。
これも私の運動理論なのですが、スポーツは基本足腰だと思っています。
というか、二足歩行なのでどうしても足腰だと思うのです。

この日も基本的にデッドリフトでしっかり追い込んで廃人になった後は、全身を部位別に鍛えていきます。
デッドリフトの日によくやるのはローマニアンデッドリフト。
デッドリフトの続きでやるとセットアップの時間がほとんど無いのが気に入ってます。


これ、私にはすごく反応が良い種目です。
ハムストリングは割と苦手な部位なんですが、これはかなりストレッチ感が味わえるので、翌日の筋肉痛もひとしおです。

要するに筋トレ翌日の筋肉痛でガチガチの時は泳いでるというところでしょうか。
ミリタリープレスとかで肩を追い込んだ次の日にバタフライとかやると、四十肩になりそうな感じで
とても危険な香りがするおっさんです。

当然スイムはスイムで追い込んでいくのですが、それはまた気が向いたら書こうかな。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。