2016/02/28

人生において好きな事は一つでいいという偉大な人と気の多い普通のおっさん

「人生において好きな事は一つでいい」
という心に刺さり過ぎて痛い、痛切な言葉。
辰吉丈一郎
もう偉大すぎてコメントするのも恐れ多い感じです。
この人だからこそ言える魂の言葉。
普通のおっさんである私には、好きな事が多過ぎですね。
たまにギター弾いたり、トライアスロンなんてそもそも3種目一度にやろうという競技…そのトライアスロンすら若い頃には見向きもして無かったし。
若い頃には色々他の事に熱中しましたね。
平凡なサラリーマンのつもりで生きてきましたが、全然シンプルでは無い人生ですね~
https://youtu.be/iQKHukYnik4

そんな感じで辰吉さん見てたら、偉大なギタリストを思い出しました。
鮎川誠
私的にはレスポールが一番似合うギタリスト。
で、それが何故なのかがよく分かる動画があります。
友達から買ったギターをずっと使い続けてるんですね。

奥様のシーナさんとずっと一緒に仕事してたし、なんかこう、奥様のことと自分のレスポールの事を愛おしくて仕方ないといった感じ。
好きなギターとオンナは一つしかないと言ってるように感じます。
その割り切りが普通の人にはなかなか出来ないのでは無いでしょうか?
私はまさにそんな割り切れないおっさん。
オンナは嫁さんだけで充分ですが。
辰吉さんも鮎川さんも、きっと真面目で一途な人なんですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。