2010/07/17

Groove Armada - Hands of Time

引き続き曲紹介ネタで恐縮ですが。。。

ギター弾いてる人には余り興味が無いジャンルかもしれませんが、Groove Armadaは
いわゆるエレクトリックミュージックの人たちですね。

紹介するのは2000年の楽曲だそうですが、私が知ったのは映画コラテラルのサウンドトラックに使われたからです。
2004年の映画ですね。
トム・クルーズとジェイミー・フォックスの名演が光る渋めの映画です。
ウィル・スミスの嫁さんも出てます。
そういえば別の映画ドミノのラストでも同じ曲が使われてましたが、曲の使い方はコラテラルの勝ちでしょう。

それはともかく、映画ではLAの夜景とこの曲が妙に印象的だったので、思わずサウンドトラックCDまで買いました。

リッチー・ヘブンズという黒人フォークシンガーとの共演で、70年代スタイルの楽曲というか、歌ものとしてはかなりいい感じではないでしょうか?


このリッチーさん、ただのジイさんではないんですね。
ギタリストにはジミヘンで有名なウッドストックのオープニングアクトだったそうで。
ええ声してます。

ギターの存在は特に感じない演奏ですが、歌もののバックってやっぱりこのくらい控えめでちょうどいいですね。
エレクトリック系の人たちもやっぱりプロはプロというか、そんな風に感じてしまいます。
この人たちに関しては、もうこの曲だけずっと演奏しといてくれと思ってます。
他の曲は名前の通り激しいグルーブの曲だし。

シンプルな印象の曲ですが、なかなか自分で書こうと思うと出て来ない感じです。
私が音楽を職業に出来なかったのはなぜかしみじみ思います。

曲の歌詞ですが、別れた人を思っても時間は戻せないというテーマを哀愁たっぷりに歌ってます。
これもまたシンプルなメッセージだけど、ここまで直球投げるのは逆に難しいですね。
スポンサーサイト