2010/07/14

Angraはブラジル人 - Nova Era

とうとう月イチブログになってしまってる事に改めて気づきました。
ギターは引き続き余り弾いてませんが、曲紹介で月イチ脱却を図ろうかと。。。

曲紹介ネタ一発目はAngraで。

Nova Eraの意味はご存知の方も多いと思いますが「新しい時代」的な意味のポルトガル語です。
Angraがブラジル人のバンドってことは結構長い間知りませんでした、私。。。
歌詞はNova Eraって言ってる以外は全て英語。英語圏ではない国の人がしっかり英語で韻を踏んでるのがすごい。


キコ・ルーレイロは技巧系というか超絶系ギタリストで、日本でも人気がありますね。
キコさんはすばらしいギタリストですがAngraの魅力はやっぱりバンドの一体感ではないかと思います。
ある意味ブラジル人らしい力強い演奏とメンバーの演奏中の表情が好きです。

キコは恐らくあだ名(もしくは何かの略)だと思いますが、あだ名であっても名前にKが入るのはブラジル人では相当珍しいです。
サッカーブラジル代表のカカー選手もkakáと表記するのでKが入りますが、逆に彼くらい特別な存在でないとKを使うことは無いでしょう。
まあキコさんがギター弾いてるの見たら、カカーくらい世界的にスゴイ人やなと感じますので異論はありませんが。




ついでなのでブラジル音楽についても少し。
ボサ・ノバはブラジル国内ではそれほどメジャーな音楽ではありません。
豆知識でした。

サッカーやバレーだけでなく、F1やUFCとか速弾き世界一とか。。。
なぜかブラジルには身体能力すごい人が多いですね。
音楽も人種も多様性の極みだし、ブラジルの魅力は大きいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。