2009/12/06

Tabserch

以前も少し触れましたが、ギター弾くのにインターネットの情報が非常に便利ですね。

耳コピがエラいとか、実力がつくとか言われても、やっぱり楽譜があれば見てしまいます。
だってその方が簡単だし。
タブ譜があればもっと簡単。5線譜読めなくても弾けるし。
実力つけたいってよりは、好きな曲弾きたいだけだし。。。

てことで、私の若かりしころはとにかくバンドスコア。
バンド仲間や他のバンドの知り合いなんかとスコアの貸し借りをしょっちゅうしてましたね。
それで知り合い増えたりもしましたけど。

今は家にいながら情報が揃うんですね。。。

私はMacを使ってるのですが、ウィジェットの中にTabserchってのがあります。
名前の通りアーティスト名やバンド名からタブ譜を探してくれます。
タブの精度はばらつきが大きいですが、おおよその流れが分かるので重宝してます。

他にも練習スタジオ探すのとかも、昔のように楽器屋とか口コミではないんですね。
今やネットで探せますね。
ギターのピックや弦などの消耗品も、ネットとクレジットカードで大人買いなんてことも。

もちろんバンドで「この曲やってみようぜ~」なんてなった時も、音楽配信で曲をダウンロードしたり
曲によってはYoutubeで弾き方まで教えてくれる人がいたりしますので、びっくりです。


およそ昔からは想像もつかないですが、いい世の中になりましたね。

とはいえ、やっぱり気の合う仲間と集まって楽器演奏楽しむのが一番楽しいってことは変わりないですね。
楽しむ為のツールがものすごく増えて、便利になってるので、バンドやってる人がうらやましいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。