2009/10/25

はじめてのギターの選び方?

いまどきインターネットで大抵の情報が手に入りますね。
ギター弾くにも、昔みたいに情報を得るのに時間がかからなくなりました。
再出発オヤジとしては、かなりびっくりしてます。

で、ギター始めるって時に最初に課題となるのは、もちろんギター選び

ググってみると実に沢山の人が、沢山の事を言ってますね。
千差万別とはまさにこの事で、尋ねる人も答える人も言いたい放題。

ということで、私もいっちょ尻馬に乗ろうかなと。。。


ギター購入、最初と2回目の一番の違いは「最初は弾けない」ってことでしょうか。。
ギター選ぶ時に「やっぱり試奏してみないと」という考えは正解ではありますが、これからギター始める(まだ始まってない)人に弾けるはずがありません。
楽器屋に入るのも初めてだし。

そこで、私の考える「はじめの1本」選びのポイントは「見た目と価格」です。
買える価格のギターの中で、一番「かっこいい」と思うギターを選べばいいのです。
他はどうせ分からないんだし。
もうね、ネットとか友人とかじゃないっすよ。
自分のことだし、自分で責任を持って決めてください。
他人に「決めてもらう」と、うまくいかない時に「決められてしまった」人のせいにしてしまうことでしょう。


「カタチから入る」という日本語は非常に後ろ向きな印象がありますね。
でも、「正しいフィンガリングのフォーム」とか、「正しい演奏の姿勢」とか言われたらどうでしょう?
皆さんとりあえづカタチを真似しますよね?


肝は「なぜギターを弾きたいと思ったか」なのです。
十中八九、誰かが弾いてるのを見て「カッコイイ」と思ったからではないでしょうか?
だとしたら、まずは「カッコイイ」カタチから入りましょう。
「うわべだけ取り繕う」と思わずに、「まずは出来るとこから始める」でいいのでは?

「見た目が派手で目立つのにヘタクソだったらかっこ悪い」という考えの人を仕事でもよく見かけるのですが、「ヘタクソなうえに見た目もかっこ悪い自分」ってどうでしょう?
「カッコイイ」ことがやってみたくて始めるのに、「初心者」だから地味で控えめな方がいいのでしょうか?

この辺からはその人の考え方次第なので、初心者初心者向けモデルから段階をふんで始めるべきだという人を否定はしませんが、私は「馬子にも衣装」派です。
というか、ギター買っていきなり人前で演奏するわけでは無いでしょうし、見た目から入っておいた方がモチベーションが続くと思うのです。

情報が氾濫する昨今だからこそ、あかの他人が試奏した音や感想を鵜呑みにせずに(他人のせいにせずに)、自分で選ぶ事の出来る項目を基準に選べばいいのです。
やりたい事をやればいいのではと思います。

経済的事情もあるでしょうし。

初心者だからって尻込みせずに、ものすごく高価なギター買ってもいいのです。
ポルシェやフェラーリのようなスポーツカーと違って、スペックが高いからって自分や他人を怪我させる可能性が高まるとか、そんなこともないですから。
逆に最初の投資を低く抑えたいと思ったら、そうすればいいですし。


私が今使ってるエピフォンも、世の中嫌いな人も沢山いてます。
でも好きなブランドだと思う人も沢山いてます。
それは昔からそうなんですね。十人十色。
簡単に見ず知らずの人の意見が聞ける今どきだからこそ、自分で選んだという実感が無いと、買った後でも結局他の誰かの意見を元に後悔してしまいます。
世の中、自分の金を使うのは自分の意志で。



くどくど説教くさくなってきたので、この辺で。
スポンサーサイト
2009/09/07

ギター再出発!

いい歳してますが、ギターを始めることになりました。。。

20年ほど前には当時よくいたギター小僧の一人でした。
もう寝ても覚めてもギター弾きまくり。
その後大学に進んでクラブ活動に精を出したり、恋愛したり、バイトしたり。
就職してサラリーマンらしく転勤も散々味わったりしてるうちに、全然弾かなくなってはや10年以上。。。
すっかり興味失ったというか、昔のようにあんなに真面目に打ち込むことがムリと思ってました。

きっかけは今の職場の先輩の自宅におよばれした時。
なんでもその先輩も昔ギター弾いてたそうで、最近練習しだしたとか。
で、そこでお前も弾いてみろ的な話からちょっと弾かしてもらったのが間違いの始まりでした。。。
全然弾けなかったのですが、何となくもう少し練習すると弾けるような気がしたのです。
しかもその先輩のギター、ネックが曲がってる感じしたし。。。
すごく調整とかしたくなったのですが、あえて何も言わず、とりあえづ自分のギター買って練習することにしようかと。。。

ここで最初の難題が。ギターどれにしようか。。。
楽器屋行って弾くにしても、それなりに方向性決めないと店員さんの思うつぼ。
なんせそれなりに小銭ありそうな年齢だし。

どうせ買うなら今まで持ってなかったタイプでと考えてレスポールタイプをチョイス。
今までプレイアビリティで敬遠してましたが、今回は昔の様に色んな音楽やりたいとかハイポジションでバリバリ速弾きをとか考える気もしなかったのでぴったりかなと。

そこから色々情報集めてみると、メイプルネックのレスポールがあることが分かりました。
しかも値段もそこそこで。
メイプルで裏が塗装無し。これやで。
てことでチョイスはエピフォンザックワイルドモデル。
通称(自称?)グルグルギター。


手にした時はネック反りまくり弦高あがりまくりの感じでしたが、それでもうれしくてそのまましばらく弾いてましたね。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。