2016/01/23

エリクサー使ってみました

しばらくアイバニーズにエリクサー張って様子見てましたが、結構気に入ったのでエピフォングルグルにも採用。
IMG_7945.jpg
グルグルはしばらく何も触ってなかったので金属パーツ汚れまくりが気になる。
てことでクレンザーで軽くゴシゴシ。
何となく金メッキがくすんでシルバーになってきたのでそこそこでやめる。
これ、表面のメッキの変色なのか剥がれてきてるのか不明です。
おもむろに弦を張り替える。
IMG_7952.jpg
折角なのでナットに鉛筆ゴリゴリ。
本当にチューニング安定してる気がするから不思議。
IMG_7944.jpg
アンチラストプレーン弦。
思ったより錆びない。かなり弾きっぱなしで放置してますが、何も感じません。
時々ウェスでからぶきするだけ。
ウーーン、長年あったらいいねと思ってただけにすごい感激。
音質変わるという方も多いと思いますが、私は特に何も感じません。
ディーンマークレイが何となく好きで比較的よく使ってましたが、音というより触感が好きかもしれません。
エリクサーは何となく少し滑りやすい感じの触感な気がしますが、多分気のせい。
まあ普通にスチール弦な感じです。
で、グルグル。
長年のザック張りでテイルピース結構傷ついてます。
IMG_7946.jpg
これって、プレーン弦のチューニング不安定ってことかな?
まあ気になるほどではないので引き続きザック張りで。
IMG_7949.jpg
う~~ん、人生楽しくなってきました。
ちょっと怪我してしばらく運動できない状態ですが、それなりにエンジョイしてます。
スポンサーサイト
2009/09/12

EMG ZW set ピックアップ交換 ~下準備と泣きのアドリブ編~

思い立ったが吉日。
ピックアップ入手したら、いてもたってもいられなくなるのが人情ですな。
会社休んでイッキに交換です。
入社10年以上になりますが、初めて有給取りました。

まず道具の話から。
ピックアップ交換に必要な道具は
当然ハンダごて
ハンダごてスタンド(あるとベター、私は自作のこて置きですが)
ハンダ吸い取り線かスッポン
ドライバー各種、メガネレンチ、ソケットレンチ
ラジペン、ニッパー、カッターナイフ。
ここまでは一般工具かな。

後、あればより便利なのが
マスキングテープ、タイラップと電工ペンチとかのワイヤーストリッパー。
インパクトか電動ドリル(無くても問題ないですが)
それからペンタイプのリューターはエピフォンザックワイルドには必須ですのでお忘れなく。

グルグルEMG15


当初EMGのサイトとかであれこれ配線調べました。
レスポールの通常のパッシブ回路の配線に関しては結構いろんなサイトで解説してくれてる人がいてるのですぐに分かる感じでした。

アクティブというか、EMGのアクティブに交換する時は、ジャックやポットも交換する必要があります。抵抗値が違うんですね。
ジャックは回路の電源オンオフをさせるためにステレオジャックにします。
この辺もEMGのサイトで詳しく解説されてます。
簡単な英語なので、英語苦手な人でも少し根気出せば大丈夫です。
交換したいという熱意と中学生程度の電気回路の知識があればすぐに理解出来ます。

まずは現在の回路を外す為にあらかじめ既存のレスポールの配線を理解したうえで開腹。
作業の最初なので気持ち慎重にプレートを外します。この瞬間、結構好きです。

あけてびっくり。
グルグルEMG8
配線全然ちゃうやん。。。
ターミナルとか無いし。。。
実はエピフォンザックワイルドのバッタもんを掴まされた?
と一時呆然とする事態が発生。。。

しばらくしてから、まあエピフォンのバッタもんなら逆にレア過ぎて友達に自慢出来るか。。。
とある意味前向きに気を取り直して作業継続。

後で分かったのですが、エピフォンザックワイルドの配線って、全然ギブソンと違ってたんです。ギブソンのオーナーサポートのページで配線図見つかります。
でも、配線の色は全然違ってましたが。。。やっぱりバッタか?

この配線が後でちょっと問題になりましたが、後述します。

既存の回路を外すのにハンダごてとスッポンでさくさくハンダを取ります。
スッポン初めて使いましたが、ちょっとコツを掴むと非常に楽ですね。
肝はスッポンの射程距離ですね。これさえ掴めばハンダが溶け出したら一気にスパっと吸い取れます。
私はちょっと電気事情悪いところに住んでるので、開始5分でハンダごてが死亡。
結局複雑怪奇なコリアン配線をポットから取らずにセレクタースイッチから来てるハーネスをニッパで切断。
グルグルEMG23

しかしこの配線。。。ワイヤが入り乱れてるし、配線の色も同じだし、なんでちゃんと音が出たんだろ?

後は簡単。
ポットのノブを外してソケットレンチとか使ってポットをガンガン外して行きます。
ジャックもプレートから外します。
ピックアップの配線はハンダ付けでは無く、コネクタ接続なので取り外しは簡単でした。
グルグルEMG19

全部外したら、いよいよアクティブ回路を組み込みます。
結果的に作業はここで7割くらい完了してるのですが、
取り付けは次回に引っ張ります。

長文読んで頂いた方、有り難うございます。
2009/09/12

EMG ZW set!!!

とうとうやってもうたっす。。。


マイアミ調達

友人のマイアミ土産。
というか調達頼んだのです。

やはり電池の誘惑に勝てませんでした。
2009/09/10

ぐるぐるギターの弾き心地

調整も一通り終わったことにして、結構頻繁に弾いてます。
やっぱりギタースタンド買ってすぐに弾ける状態だとやる気がでますね。

私は弦高と車高は低めがえらいという世代なので、とにかく弦がビビるとこまでさげます。
そこから主に低音弦のローポジションを基準に、自分が妥協出来るビビリくらいまで戻します。
後は弾くのみ。
レスポールのTOMって初めて使いますが、弦高の調整が6弦まとめて出来るので便利ですね。

アンプも買うとき結構苦労したのですが、10Wのちびっこマーシャル。

ピックアップは当然つるしなのでEMG HZ。エピフォンザックワイルドモデル純正です。
これってパッシブなんですね。
思ったより素直な感じのピックアップでした。
[高画質で再生]

ぐるぐるぎたーてすと

[広告] VPS
ちびっこマーシャル直ですが、ええ音してる。。。と思うのは私だけでしょうか?
でもギターもアンプも私の為に買いましたから、それでええのです。
私の為に弾いてるし。

でもやっぱりアクティブいっとく?
電池入れとく??
ほら、やっぱりザックやん???
パッシブでこれやったら、電池入れたらこの特性のままでもっとええ音なるんちゃうのん????
みらこぉ~め~~~ん

と、悪い虫が騒ぎ始めましたが。。。
2009/09/07

グルグルギター調整

ギター買ってから3日ほどは何もせずそのまま弾いてましたが、やはり気になるのであれこれ触ることに。。。

実は大して知識ないのですが、まあ最低限自分が弾きやすいと感じる設定にはしたいもんですからね。

で弾くと気になるのが弦の高さなのですが、これはネックの反り具合ともかなり関係してるんですね。
まずはネックの反りを調整。ぐるぐる写真5
このロッドカバー、ゴールドで気に入ってたのですが、ここで思わぬしっぺ返しを喰らう羽目に。。。



こりあねじ
ネジなめてるやんけ~~
もう楽器屋のアメ公がやったのか工場のコリアンがやったのか分かりませんが、なんでネジ頭なめてるねん?!
新品買ったのに。。。
これが品質なんでしょうな。まあ。。。怒ってても仕方ないので、まずは諦めることに。

なぜかトラスロッドはトルクスレンチだったし、結局締め込んでも全然ネック動かないし。。。
試行錯誤を繰り返してるうちに思い切ってグルグル締め込んでみることにしました。
突然ロッドに手応えが。。。
で、さらに締め込んで行くとようやく逆反りに。
ロッドって最初ゆるゆるなもんなん??
一体工場何考えてるのか分かりませんが、このあたりどうやら値段が安いことと関係してますね。
まあロッド最後は効いたのでよしとしましょう。

微調整難しい感じだったので、しばらく時間置いてからまた調整することに。
気持ち順反りのまま放置プレイ。

なぜ本家ギブソンのロッドカバーが2本ネジなのか途中で気づきました。
弦を緩めなくても脱着可能なようになってるんですね。
ではエピフォンはなぜ3本??
そこでネジ代1本余分におごっても、ネジ1本ずつの品質落とされたら結局客への嫌がらせやん??
しかも使いにくくしてるし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。