2009/09/07

グルグルギター調整

ギター買ってから3日ほどは何もせずそのまま弾いてましたが、やはり気になるのであれこれ触ることに。。。

実は大して知識ないのですが、まあ最低限自分が弾きやすいと感じる設定にはしたいもんですからね。

で弾くと気になるのが弦の高さなのですが、これはネックの反り具合ともかなり関係してるんですね。
まずはネックの反りを調整。ぐるぐる写真5
このロッドカバー、ゴールドで気に入ってたのですが、ここで思わぬしっぺ返しを喰らう羽目に。。。



こりあねじ
ネジなめてるやんけ~~
もう楽器屋のアメ公がやったのか工場のコリアンがやったのか分かりませんが、なんでネジ頭なめてるねん?!
新品買ったのに。。。
これが品質なんでしょうな。まあ。。。怒ってても仕方ないので、まずは諦めることに。

なぜかトラスロッドはトルクスレンチだったし、結局締め込んでも全然ネック動かないし。。。
試行錯誤を繰り返してるうちに思い切ってグルグル締め込んでみることにしました。
突然ロッドに手応えが。。。
で、さらに締め込んで行くとようやく逆反りに。
ロッドって最初ゆるゆるなもんなん??
一体工場何考えてるのか分かりませんが、このあたりどうやら値段が安いことと関係してますね。
まあロッド最後は効いたのでよしとしましょう。

微調整難しい感じだったので、しばらく時間置いてからまた調整することに。
気持ち順反りのまま放置プレイ。

なぜ本家ギブソンのロッドカバーが2本ネジなのか途中で気づきました。
弦を緩めなくても脱着可能なようになってるんですね。
ではエピフォンはなぜ3本??
そこでネジ代1本余分におごっても、ネジ1本ずつの品質落とされたら結局客への嫌がらせやん??
しかも使いにくくしてるし。
スポンサーサイト
2009/09/07

ギター再出発!

いい歳してますが、ギターを始めることになりました。。。

20年ほど前には当時よくいたギター小僧の一人でした。
もう寝ても覚めてもギター弾きまくり。
その後大学に進んでクラブ活動に精を出したり、恋愛したり、バイトしたり。
就職してサラリーマンらしく転勤も散々味わったりしてるうちに、全然弾かなくなってはや10年以上。。。
すっかり興味失ったというか、昔のようにあんなに真面目に打ち込むことがムリと思ってました。

きっかけは今の職場の先輩の自宅におよばれした時。
なんでもその先輩も昔ギター弾いてたそうで、最近練習しだしたとか。
で、そこでお前も弾いてみろ的な話からちょっと弾かしてもらったのが間違いの始まりでした。。。
全然弾けなかったのですが、何となくもう少し練習すると弾けるような気がしたのです。
しかもその先輩のギター、ネックが曲がってる感じしたし。。。
すごく調整とかしたくなったのですが、あえて何も言わず、とりあえづ自分のギター買って練習することにしようかと。。。

ここで最初の難題が。ギターどれにしようか。。。
楽器屋行って弾くにしても、それなりに方向性決めないと店員さんの思うつぼ。
なんせそれなりに小銭ありそうな年齢だし。

どうせ買うなら今まで持ってなかったタイプでと考えてレスポールタイプをチョイス。
今までプレイアビリティで敬遠してましたが、今回は昔の様に色んな音楽やりたいとかハイポジションでバリバリ速弾きをとか考える気もしなかったのでぴったりかなと。

そこから色々情報集めてみると、メイプルネックのレスポールがあることが分かりました。
しかも値段もそこそこで。
メイプルで裏が塗装無し。これやで。
てことでチョイスはエピフォンザックワイルドモデル。
通称(自称?)グルグルギター。


手にした時はネック反りまくり弦高あがりまくりの感じでしたが、それでもうれしくてそのまましばらく弾いてましたね。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。