2009/12/26

アンプとエフェクターの話

今回M134コーラスを買ったので、欲しいエフェクターは大体手に入ったのかな。。。

エフェクター選びに関しては私は余り深く考えたことがありませんでした。

昔はちょうどマルチが値段下がって来てたころだったので、BOSSのマルチを使ってました。
形式は覚えてませんが、あれはあれで結構ええ感じの音が出ました。
ノイズも少なかったし。
複数のエフェクトの設定を沢山記憶出来るのがうれしかったですね。
メインで使う歪み系とクリーン系、その時の曲とかで使い分けるのにそれぞれ追加で少しずつとか。。。


で、今ですが、
思いつきと入手性でコンパクトをあれこれ買ってます。
DSC_0012.jpg
なんかこう、誰かさんにそっくりな布陣になってきました。。。
後はやっぱりロトバイブでしょうか。。。

一応言い訳さしてもらうと、ODはスタジオとかのアンプ次第ではもう少し歪みが欲しいとなる可能性があるのでバックアップ用としてギター買った時に一緒に買いました。
この辺は世代も影響してますね。歪めばエラいという考え方。

その後ワウペダルを買うのですが、これはやっぱり昔欲しくて買えなかったクライベイビーが買いたい病です。
ガンプラをつい買ってしまったのと同じレベルです。
この辺からエフェクト沼にハマりだしました。はい。

Phase 90 とM134はもう勢いです。ダンロップのマーケティング戦略にはめられてます。


あまり言い訳になってませんね。。。


アンプは以前書いた通りで現在マーシャルのMG10KKを使用中。
このアンプの時点で結構好きな音が出るので、実はエフェクターはあまり必要なかったのかもしれません。

エフェクターの話で考えたのですが、その昔はバンドやっててある程度練習したらライブやってというサイクルを繰り返してた訳ですが、その場合、スタジオやライブハウスなど演奏する場所でアンプが違ってたりするので、かなりエフェクター中心に音作りしてた訳です。
アンプそのものはクリーンチャンネルから音だしして、EQ調整のみと。
その頃の習慣か、家のアンプってあんまり考えずに使ってる気がします。

先日会社の先輩と話てたら、自宅用アンプにやたらとあれがいいかなどと考えてるので、自宅用は何でもいいやん的な発言をしたところ、彼曰く、「自宅のアンプが一番出番多いから、こだわるべきじゃないの?」と。
まあ言われてみれば確かにそうかもしれません。

昔は自宅のアンプでしっかり設定すると、ライブとかではアンプの音量も違うし、やたらノイズが出たりとか、あれこれあったもんです。
人前で弾く以上、他人が聞いてええ音と思う音を出したいのも人情だし、意外に苦労した覚えがあります。
マーシャルのチューブスタックなんて、自宅のトランジスタアンプとは全然音違うし。。。

今となっては人前で弾く機会も無くなってることだし、私も実はもっと自宅で出す音にこだわってもええのんかもしれません。。。
私の場合、元が無精なのでそんなにこだわりを持つ部分がありませんが。。。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。